« June 2004 | Main | August 2004 »

2004.07.13

合戦場の名の由来

長崎は田上町のそばに祝捷山という山、というより小高い丘があります。唐八景の手前です。その祝捷山のてっぺんは合戦場と呼ばれるグラウンドとなっていて、付近の学校生のクラブ活動、ゲートボール、犬の散歩などでいつもだれかしらなんかやってるグラウンドです。
ここの管理人は実家が合戦場のそばだったんで、いつもここで遊んでいたのでしたが、なんで合戦場ていうんだろう?てずーと疑問に思っておりました。
先ごろ、町内会の回覧板に載ってたよ、というその、名前の由来の写しをもらいました。以下、その記事の丸写しです。

昔、この丘陵地帯で長崎氏と深堀氏の合戦が行われた事から人々は合戦場とこの地を呼んだ。港も見える景色の良い所だったので市民の行楽地として親しまれた。当時、丘の竹やぶ内に戦死者の墓も散在していた。昭和30年ごろより、運動場の拡張や丘陵地帯の開発が進み、住宅が立ち並んで昔の面影も無くなった。平成14年(2002年)秋・現在、運動公園は運動場並びに土手などが更にに更に整備進行中である。運動場の片隅の小公園には大正3年・田中直三郎建立の日露戦捷記念碑、東郷平八郎の円柱碑と祝捷山と刻された大石が据えられている。そして次のように記されている。「明治38年4月22日大願主・田中直三郎・賜琴石斎西道仙題」これは日露戦争の時浜の町の田中直三郎が毎朝ここに登って戦勝を祈願した。そして日本の勝利が決まった後この地を遊園地としたが長崎の儒学者・西道仙が「祝捷山」と命名したものである。綺麗になった合戦場は「祝捷山公園」となずけられた。ここを降って田上の方へ行くと寺を匂わす見事な石段がある。私寺の徳三寺である。道路の真向かいは国立療養所・長崎病院である。昔病院一帯は広場になっていて松平長七郎が馬市のセリを開いていたと言う説がある。いまから三百数十年昔の事である。

合戦場というからには、合戦があったんだろうと思いましたが、初めてその詳細を知りました。
ここの管理人の子供の頃は合戦場のすぐわき(正確にいうと合戦場と長崎病院のあいだの空地)にゴルフ練習場があって、ぽんぽんボールが飛び出してくるので、それを集めて遊んだりもしていました。ゴルフ練習場は、とうの昔になくなって、いまは、合戦場も再開発・整備され、公園らしい公園として生れ変わりつつあります。
それはそれでいいと思うんだけど、昔の合戦場がなつかしいなー、と思うんです。
上の記事に石碑と書かれていますが、その向かいにほとんど崩壊した鳥居が立ってたのです。いまはどうなってんだろうか?

そのうち、昔の写真でもここに追加しようかな?て思ってます。

|

2004.07.11

ジャングルぐるぐる探検隊

タイトルだけ見るとなんのことだか?さっぱりわかりませんが、17世紀バロックの定期コンサートのタイトル。7月10日(土)「ジャングルぐるぐる~」は今回が2回目だそうです。出演者は、隊長:栞形(くわがた)亜樹子さん(チェンバロ)、副隊長:山内房子さん(ソプラノ)のおふたり。観客は隊員なんだそうでした(笑)
プログラムは、17世紀の宮廷詩人トルクァート・タッソの十字軍遠征に材をとった長編叙事詩「エルサレム解放」(のち「エルサレム征服」として改作)をモチーフにした当時の歌曲、チェンバロ曲。エルコーレ・パスクィーニ、シジスモンド・ディンディア、ビアジョ・マリーニ、ベルナルド・パスクィーニ、マルコ・マラッツォーリ...と書き並べてみたところで、ここの管理人の知ってる名前はひとつもありません。当然、知ってる曲もひとつもありませんでした。あまり聴いたことのない旋律とリズムですので、もちっと聴きなれてみないとなんだかよくわからない。

それで、まわりのほうだけ、少し書いとこうと思うんですが、
隊長と副隊長のおしゃべりがね、曲間にたくさんはさまるんですけど、どんどん話がずれて音楽以外のおしゃべりもたくさんだったんですけれど、面白かった。したら、副隊長の山内さんが「わたしの実家のほうでは、昔はいろんな迷信がありましてねえ」とか云いだして。
「まずね、石を拾って持って帰ってはいけない」
えー!なぜだ!?おれは、屋久島の石持って帰って、いつも大事に枕頭に置いてます。
「ことに赤い色の石はだめなんです」
なにがどうだめなんだろうか...?
「そしたらね、どうなるかというとね、石をうちに持って帰ったら、そのうちのお母さんが便所に落ちるんですよ!」
なんだそりゃ~?て一同笑い。そんな迷信聞いたこともない。
まだある。
「まだあるんですよ。人のポケットに手を突っ込んではいけない」
はー?
「それは、いまでもダメなことでしょ~!」
て隊長のツッコミあったんですが、ひるまない。
「いいえー、たとえば、相手の肩とか腰とかに手廻してたりして、ちょっと手首の角度変わるとうっかりポケットに手がはいっちゃうことあるでしょう?あーゆうのもダメなんですよ」
「へえ~?」
不満げににたにた笑う隊長。
「そうするとね、どうなるかというと、その人のうちが火事になるんです!」
ははー?面白い。まだ続く。
「最近、実家に帰ることあったんですけれど、それでね、こんな迷信あったよねえ、て云ったら、そんなの知らないよ~、て云われたんですよ!どうやら私だけしか知らない迷信だったみたいで」
みごとにオチたみたいですが(笑)、こんな迷信ほんとにあったんだろうか?て思いました。
「まあ、私んとこの田舎はねえ、辻ごとにお年寄りが立ってて見張ってるようなとこでしたから、子供にそんなこと吹き込んでたのかもしれません」
辻ごとにお年寄りが立って見張ってる、てのもなんだかよくわからない。そんな制度?があったんだろうか?
演奏会終了後に出身はどちらですか?て聞いてみたら(ほんとは人に頼んで聞いてもらった)、愛知県も西南部、三重県に近いあたりだそうです。
迷信て云ってもたぶん、地域的にしろ一般に広がったものではないよねえ?てぼくはにらんでるんですが、どうなんでしょう?

演奏会、途中、休憩はさみますが、隊長の栞形さんが調律やりなおしてました。
途中のMCで聞いたところによると、いわゆる平均率の調律ではないんだそうで。さらにあとから人づてに聞いたところによると、ミーントーン調律というものなんだそうです。でもぼくには、違いはわかりませんでした(>_<;)
耳のいい人はいいねえ、て思いました。

演奏会のあった場所は猫御殿と呼ばれるお宅なんですが、設計誰だろう?て思って聞いてみたら、坂茂さんでした。なるほど。紙の建築で有名。2000年ハノーバー万博で日本館パビリオン担当したので知ってる人は知ってますね?いろいろ思うところはありましたが、それは割愛。

|

2004.07.02

ネクスト:メディア・アートの新世代

040629_stars_on_the_ground
つい先ごろ終了してしまいましたが、ICC(NTTインターコミュニケーションセンター)でやってた「ネクスト:メディア・アートの新世代」て展示、観てきました。ただなんとなく観にいったので、とくになにかを期待していったわけではない。出品作家は12グループあったんですが、その詳細は、ICCのアーカイヴ見てもらうとしていちばん面白かったんは、春日聡(KASUGA Akira)の"morphonia ver.2.0"でしょうか?入口でヘッドフォン渡されて部屋に入ると、中央に四角い水盤があって、そん中に百葉箱くらいの箱のっかってます。水面と百葉箱の隙間からしきりにストロボが明滅している。壁面のふたつはおおきな布がかかっていてゆらゆら揺れながらプロジェクターの光を受けている。部屋の一隅にターンテーブルが廻っていて、しかし乗っかっているレコードは傷ついてるのでえんえんと小さなノイズの断片を繰り返すのでしたが、それがヘッドフォンの右側から聴こえて来る。左側から聴こえて来るのはなんだろう?よくわからない変調された音です。床にはセンサーがいっぱい並んでいるんだけど、このセンサーがなにを感知してそれがどう展示の音や光の変化につながっているのか?わからない。係員に尋ねたところ、ヘッドフォンの左側から聴こえて来る音はICCの建物のあちこちにセットされたマイクが拾った音を変調・ミックスしてこの展示室に送っているものだ、という返事でした。床のセンサーのことは聞き忘れた。なるほど。おもしろい。おもしろいけど、仕掛けそのものは、説明されないとさっぱりわからない。この作品がおもしろいと思ったのは、その仕掛けよりも、その見せ方だったように思います。なにやら劇的ではあった。ありがちといえばありがちだけれど、しばらく部屋の中をそぞろ歩いて、ワケワカメな音と光を楽しみました。
そいでね、ほかの作品も紹介したいんだけど、ずらりと人並んでてねー。一度にひとり、または少人数しか体験できない作品たくさんで。どうしよう?て思ったんだけど。作品のひとつは、要予約だし。もちろん予約なんかしていない。なんかね、そんときには、なんで並んでまでして作品見なくちゃいけないんだ?て思ったんで、ひとつしか並んでみませんでした。並んで体験したけどね、ひとつだけですけどね、まあこんなもんかな?と思ったくらいです。並んでまで体験するていうことはさ、観客にそれなりの努力と根気を期待するということだからさ、それに見合ったもの返って来ないとがっかりしますね。そーゆー意味で一度にひとり、または少人数しか体験できないような作品は圧倒的に不利だと思います。世の中にはもちろん、大きな労力を払ってでもみる価値のある作品がある。けど、それは長い時間が作品にそれを許すので、最初からそうであってはいけないんじゃないか?と思うこともあります。逆に云えば、閉ざされた個人的な体験としてしか、すでに美術も体験できなくなりつつある、あるいは、そういう作品が増えつつある、ということでしょうか?もしそうだとしたらね、我々はただひたすら断片化していくだけなんでしょうか?あるいは、この作品たちにとってはそうなんでしょうか?
とか思ったりもしたんですが、さあ、どうでしょう?
もっとも、展覧会のタイトルにもなっているメディア・アートていうのもよくわからないコトバだ。メディアといえば、媒体のことだからフロッピーやCDはもちろんそうだし、フィルムも紙もキャンバスも絵の具も粘土もみんなメディアではある。どんな表現だって、必ずメディアを介しておこなわれるわけでしょう?だから、ほんとは、ここで「メディア・アートの新世代」て云ってるメディアていうのは、要するに電子メディアのことなんよね。でもそう明示しなくてもメディア・アートの新世代、て云えば、だれでも電子メディアのことだと理解するはずだ、ていう主催者の暗黙の想定があるわけですよね?でも、そこでなにか、これがメディア・アートなんですよ、ていう、コンセンサスのすり替えがおこっているような気がしてぼくは嫌いだ。
まあ、文句を云い出せばキリがないけど、入場料安いこと、係員の観客の誘導うまいし、尋けばちゃんと作品のコンセプトなんか
はきはき応えてくれるとこ、とかいいこともたくさんありました。
今回の展示の場合、ただ体験してもその仕組み・仕掛け・コンセプト、そーゆーの、さっぱりわからない。受付でもらうリーフレットもそのへんの説明いい加減だったんで、なにかわけわからないまま会場をさまよっていたような気がします。もっとも、それはそれでおもしろいじゃないか、と云われれば、まあ、たしかに悪くない。なんでもわかればいいってもんじゃないものね(笑)

写真は、この記事の内容となんも関係ありません。なんて花でしょうか?きれいだ。

|

« June 2004 | Main | August 2004 »