2004.07.13

合戦場の名の由来

長崎は田上町のそばに祝捷山という山、というより小高い丘があります。唐八景の手前です。その祝捷山のてっぺんは合戦場と呼ばれるグラウンドとなっていて、付近の学校生のクラブ活動、ゲートボール、犬の散歩などでいつもだれかしらなんかやってるグラウンドです。
ここの管理人は実家が合戦場のそばだったんで、いつもここで遊んでいたのでしたが、なんで合戦場ていうんだろう?てずーと疑問に思っておりました。
先ごろ、町内会の回覧板に載ってたよ、というその、名前の由来の写しをもらいました。以下、その記事の丸写しです。

昔、この丘陵地帯で長崎氏と深堀氏の合戦が行われた事から人々は合戦場とこの地を呼んだ。港も見える景色の良い所だったので市民の行楽地として親しまれた。当時、丘の竹やぶ内に戦死者の墓も散在していた。昭和30年ごろより、運動場の拡張や丘陵地帯の開発が進み、住宅が立ち並んで昔の面影も無くなった。平成14年(2002年)秋・現在、運動公園は運動場並びに土手などが更にに更に整備進行中である。運動場の片隅の小公園には大正3年・田中直三郎建立の日露戦捷記念碑、東郷平八郎の円柱碑と祝捷山と刻された大石が据えられている。そして次のように記されている。「明治38年4月22日大願主・田中直三郎・賜琴石斎西道仙題」これは日露戦争の時浜の町の田中直三郎が毎朝ここに登って戦勝を祈願した。そして日本の勝利が決まった後この地を遊園地としたが長崎の儒学者・西道仙が「祝捷山」と命名したものである。綺麗になった合戦場は「祝捷山公園」となずけられた。ここを降って田上の方へ行くと寺を匂わす見事な石段がある。私寺の徳三寺である。道路の真向かいは国立療養所・長崎病院である。昔病院一帯は広場になっていて松平長七郎が馬市のセリを開いていたと言う説がある。いまから三百数十年昔の事である。

合戦場というからには、合戦があったんだろうと思いましたが、初めてその詳細を知りました。
ここの管理人の子供の頃は合戦場のすぐわき(正確にいうと合戦場と長崎病院のあいだの空地)にゴルフ練習場があって、ぽんぽんボールが飛び出してくるので、それを集めて遊んだりもしていました。ゴルフ練習場は、とうの昔になくなって、いまは、合戦場も再開発・整備され、公園らしい公園として生れ変わりつつあります。
それはそれでいいと思うんだけど、昔の合戦場がなつかしいなー、と思うんです。
上の記事に石碑と書かれていますが、その向かいにほとんど崩壊した鳥居が立ってたのです。いまはどうなってんだろうか?

そのうち、昔の写真でもここに追加しようかな?て思ってます。

|

2004.07.11

ジャングルぐるぐる探検隊

タイトルだけ見るとなんのことだか?さっぱりわかりませんが、17世紀バロックの定期コンサートのタイトル。7月10日(土)「ジャングルぐるぐる~」は今回が2回目だそうです。出演者は、隊長:栞形(くわがた)亜樹子さん(チェンバロ)、副隊長:山内房子さん(ソプラノ)のおふたり。観客は隊員なんだそうでした(笑)
プログラムは、17世紀の宮廷詩人トルクァート・タッソの十字軍遠征に材をとった長編叙事詩「エルサレム解放」(のち「エルサレム征服」として改作)をモチーフにした当時の歌曲、チェンバロ曲。エルコーレ・パスクィーニ、シジスモンド・ディンディア、ビアジョ・マリーニ、ベルナルド・パスクィーニ、マルコ・マラッツォーリ...と書き並べてみたところで、ここの管理人の知ってる名前はひとつもありません。当然、知ってる曲もひとつもありませんでした。あまり聴いたことのない旋律とリズムですので、もちっと聴きなれてみないとなんだかよくわからない。

それで、まわりのほうだけ、少し書いとこうと思うんですが、
隊長と副隊長のおしゃべりがね、曲間にたくさんはさまるんですけど、どんどん話がずれて音楽以外のおしゃべりもたくさんだったんですけれど、面白かった。したら、副隊長の山内さんが「わたしの実家のほうでは、昔はいろんな迷信がありましてねえ」とか云いだして。
「まずね、石を拾って持って帰ってはいけない」
えー!なぜだ!?おれは、屋久島の石持って帰って、いつも大事に枕頭に置いてます。
「ことに赤い色の石はだめなんです」
なにがどうだめなんだろうか...?
「そしたらね、どうなるかというとね、石をうちに持って帰ったら、そのうちのお母さんが便所に落ちるんですよ!」
なんだそりゃ~?て一同笑い。そんな迷信聞いたこともない。
まだある。
「まだあるんですよ。人のポケットに手を突っ込んではいけない」
はー?
「それは、いまでもダメなことでしょ~!」
て隊長のツッコミあったんですが、ひるまない。
「いいえー、たとえば、相手の肩とか腰とかに手廻してたりして、ちょっと手首の角度変わるとうっかりポケットに手がはいっちゃうことあるでしょう?あーゆうのもダメなんですよ」
「へえ~?」
不満げににたにた笑う隊長。
「そうするとね、どうなるかというと、その人のうちが火事になるんです!」
ははー?面白い。まだ続く。
「最近、実家に帰ることあったんですけれど、それでね、こんな迷信あったよねえ、て云ったら、そんなの知らないよ~、て云われたんですよ!どうやら私だけしか知らない迷信だったみたいで」
みごとにオチたみたいですが(笑)、こんな迷信ほんとにあったんだろうか?て思いました。
「まあ、私んとこの田舎はねえ、辻ごとにお年寄りが立ってて見張ってるようなとこでしたから、子供にそんなこと吹き込んでたのかもしれません」
辻ごとにお年寄りが立って見張ってる、てのもなんだかよくわからない。そんな制度?があったんだろうか?
演奏会終了後に出身はどちらですか?て聞いてみたら(ほんとは人に頼んで聞いてもらった)、愛知県も西南部、三重県に近いあたりだそうです。
迷信て云ってもたぶん、地域的にしろ一般に広がったものではないよねえ?てぼくはにらんでるんですが、どうなんでしょう?

演奏会、途中、休憩はさみますが、隊長の栞形さんが調律やりなおしてました。
途中のMCで聞いたところによると、いわゆる平均率の調律ではないんだそうで。さらにあとから人づてに聞いたところによると、ミーントーン調律というものなんだそうです。でもぼくには、違いはわかりませんでした(>_<;)
耳のいい人はいいねえ、て思いました。

演奏会のあった場所は猫御殿と呼ばれるお宅なんですが、設計誰だろう?て思って聞いてみたら、坂茂さんでした。なるほど。紙の建築で有名。2000年ハノーバー万博で日本館パビリオン担当したので知ってる人は知ってますね?いろいろ思うところはありましたが、それは割愛。

|

2004.05.23

e

自然対数の底としてしられる超越数eの覚え方です。
e=2.718281828459045...
ふな一羽二羽一羽二羽しごく惜しい

ま、覚えたところで、それがどうなんだ、というわけなんですが。かわいらしいからさ。

|

2004.05.20

π (パイ)

π=3.14159265 3589793238462 6433832795028...
産医師異国に向かう 産後厄なく産児(さんじ)御社(みやしろ)に 虫さんざん闇に鳴く頃にゃ

|

2004.05.19

しゃけ一切れで5日御飯を食べた男の話

むかしむかし お父さんの田舎に
(これが父の昔話の決り文句で、こども心におとーさんの田舎にはよっぽど変わった人ばかりいたんやな~と思っていた)
それはそれはしぶちんの男がいた。
この男がある日塩辛いしゃけを一切れもらったそうな。
1日目、男はこのしゃけを皿にのせ、御飯をよそって、そのしゃけをじ~~っと穴のあくほど見つめた。
すると口の中に唾が湧いてきて、それで御飯をおいしく食べたそうな。
2日目、男はしゃけの皮で御飯をおいしく食べたそうな。
3日目、男はいよいよしゃけの片身を食べ、4日目は残りの片身を食べたそうな。
5日目、男はおいしかったしゃけの味を思い出し、御飯を食べたそうな。

しゃけ一切れで5日御飯を食べた男の話はおしまい

ちょっと前、メールで教えてもらったお話です。上、そこからコピペしただけなり。
ところで、これはただのけちんぼのお話ですが、読みようによっては、ほかの読み方も出来る。そのことが実は面白いと思ったんですけど、残念ながら、それはここには紹介できないんです。ごめんなり。
まわりのほうだけ話す大作戦。

|

2004.05.07

マリアさまのお庭

幼稚園はミッション系だった。園庭のすみに小さな池があって、その向こうにマリアさまの白い象が立っていた。子どもごころに、それは美しい汚すべからざるものだと感じていた。
「その庭は『マリアさまのお庭』と呼ばれていたんだよね」
そう云われて愕然としました。ああ、そうだった!
何十年も前の、もうなくなっていたと思っていた記憶のかたまりがぽろりと。

|

124C41

one to foresee for one
(だれかのために将来を見透かすだれか)

|

2004.05.03

帝王切開のおばあちゃん

040503_ruby街中の空地を畑にしているおばあちゃんがいました。
畑の見回りしている最中、ふと振り向いて唐突に話しかけてきました。
「あ、お客さん、どちらから?」
「東京ですよ」
「あら、ほんとう?それはそれは...あ」
よろけるおばあちゃん。思わずかけよる。
「あ!大丈夫ですか」
「あー...ご、ごめんなさい。だいじょうぶです。だいじょうぶなんですよ。帝王切開してね、こんな腰曲がっちゃって。それも2度もやったんですよ」
「えー...」
「いえ、ごめんなさいね。もう大丈夫ですから。お行きになって」
「でも」
「いいえ。だいじょうぶですよ。ひきとめてごめんなさいね」
「そうですか。では、お元気で」
「ええ、それではね」

血色はよくて元気そうなおばあちゃんであった。腰曲がっていなければ、おばあちゃん、というほどの年には見えない。
元気かなあ?という、ただそれだけのお話でした。

写真は、「ルビー美容室」

|

2004.04.17

人生というのは

本質的にただ一瞬でなりたっているんだねえ、と思います。
ボルヘスがどこかでそんなこと云ってるんですが。
でもその一瞬ていうのは、長い時間が過ぎたあとでなければなかなかわからないのが難儀なとこです。うはは。
あ!あのときだ!て思ってももう遅い。過ぎた時間はとりかえしがつかないのである。困りました...。

|

2004.03.23

ロバと「イノセンス」と伊藤君子

「ロバが旅に出たからといって、馬になって戻ってくるわけじゃない」

だれでもその器なりにしか生きられない、という比喩らしいですけどね。出典は知らない。
「イノセンス」て映画で出てきたセリフ。
絵がきれいでしたね~。みとれた。内容はまあ、霊(←誤植でない)のごとくというかなんというか、ここの管理人はけっこう、こんなお話好きだけど、それはそれとして、あんまし誰も云わないので、書いとこう。
最初から最後まで、登場人物のセリフがね、ほとんど、古今東西の箴言で構成されてます。孔子からお釈迦さまからキリスト・聖書からミルトン、デカルト、禅語とかことわざとか、いろいろね。ぼくはそれ聞いてんのが面白かったです。ちょっときざたらしくて鼻につくけどね(笑)機械(ロボット)も哲学してるんだねえ、詩人なんだだねえ、とか思いながら観てました。

あとね、主題歌、ジャズ・シンガーの伊藤君子が歌ってんですが。アランフェス・コンチェルトのメロディでね。そいがさ~、いいねえ、て思いましたけど。伊藤君子、もう10年近く前、美空ひばりに捧げたアルバム作ったんですが、それすごく気に入ってしばらく聴いてたんですが、大人ぽくてさ~。いま、日本人もジャズもいろんなシンガーいますけど、伊藤君子てすでに別格だなあ、とか思いながら、ラストクレジットの歌に聴きほれてました。

|

より以前の記事一覧